ドライバーが持つべき保安用品とヒューズについて

自動車を運転している方の中には、住宅から近隣地への移動に限定されている方もいます。しかし、中には一定以上の距離を走行している方も多く、このケースでは自動車内に保安用品を携帯することによって、急なトラブルに対応することが可能になります。代表的なアイテムとしては、発煙筒を挙げることができます。発煙筒は備え付けることが義務化されているものになり、危険な場所で事故、あるいは故障によって自動車を停車させる際には、後続車両などに報せるために活用するアイテムとしても知られています。同じような機能を発揮するものとしては、三角停止表示板と呼ばれるものがあります。スタンド式で自動車の後部の道路上に設置することになり、未然に事故を防ぐ役割を持っているものになります。また、電装品に役立つアイテムの中にはヒューズを挙げることができます。ヒューズにはいくつかの種類が用意されているのですが、分かりやすいように色分けされていることが特徴になります。一般的にはヒューズボックスと呼ばれる部分に数多くのものが設置されているのですが、トラブルに対応できるようにスペアを用意しておくことが良い方法とされています。現在では多くの自動車が電装品に頼っている部分が強くあるために、スペアの所持がおすすめになるアイテムとしても知られています。

Filed under: 未分類 — すば 4:43 PM