いざという時に備えて用意しておきたいものとは

自動車を運転していて、いつ何時事故に合ったり故障して不動に陥る可能性があります
そのような状況になった場合に備えて普段から保安用品を自動車に載せておくと安心です。
一般道路では故障や事故を起こした場合、路肩に自動車を寄せるなどして危険を回避することが容易ですが、高速道路の場合はそう行きません。
後続車が100キロというスピードで走行している中、道路に出て自動車を押したりすることは大変危険です。
高速道路で事故や故障をした場合、後続車に自動車が停まっていることを知らせなくてはなりません。
そこで、使用するのが発煙筒や非常停止板です。
非常停止板は停まっている自動車の後方に設置し、危険を知らせます。
発煙筒は、光と煙をもって後続車に危険をしらせます。
また、走行中にパンクした場合スペアタイヤに交換するかパンク修理キットで修復する必要があります。
スペアタイヤに交換する場合は、ジャッキアップする必要があります。
車載のジャッキを用いて自動車を上げ交換を行います。
いざこのような場面になってもきちんと交換できるように、一度は練習しておくとよいです。
タイヤ交換を行ったことが無い人が行うと、大変危険なこともありますので注意が必要です。

Filed under: 未分類 — すば 4:44 PM