渦電流から電気回路を守る!!ヒューズ

自動車を構成する部品の中でも、小さいながらも大きな役割を担っているのがヒューズです。これは電気系統を守るために使われている部品で、全ての車に取り付けられています。

電気回路は適正な電力を供給されることで機能していますが、何らかの原因によって想定を超えた電気が流れることがあります。渦電流が起こると回路を構成する電子部品が破壊され、電気系統が壊れてしまいます。最近の車はドアやライトだけでなくエンジンを制御するのにも電気系統が使われているので、それらが破壊されると動かなくなってしまいます。

こうした事態を防いでくれるのがヒューズです。これを電気回路の決まった箇所に取り付けておくと、大きな電流が流れた時でも電気回路に流れこむのを妨げてくれます。一定以上の電流が流れると一部が切断される仕組みになっており、それ以降の回路を保護してくれるのです。部品としては指先の上に乗る程度のとても小さなもので、価格も安いものです。しかし車自体の破損を防いでくれる、重要な部品の一つです。

なお、ドアの窓をスイッチを押して上げ下げしようとしても機能しない場合には、この部品が壊れている可能性があります。その際にはマニュアルを見て取り付けられている箇所を見つけ、切れている部品を新しいものに交換することで元通りに動作するようになります。

Filed under: 未分類 — すば 4:44 PM