夏場のドライブはオーバーヒートに要注意

夏場の暑い季節に入ると、自動車の取り扱い方法に注意を払うことが必要とされてしまうケースがあります。ドライブなどを行う際にも事前のチェックをしたい部分があり、例えばタイヤの空気圧であったり、タイヤの溝の状態、バッテリーやオイルなどの量に関しても注意したい内容が含まれています。そんな中、夏場のドライブに関しては、オーバーヒートに注意することも大切な内容を持っています。現在では新しい車種の多くが対策を施しているものに仕上がっているとされているのですが、エンジン周りに関しては、夏場は特に高温になってしまうケースが多いことによって、冷却水などの状態をチェックすることも必要とされています。ラジエーターのチェックも大切な項目とされており、目詰まりなどを起こしていないかどうかを目視でチェックすることも良い方法になります。万が一、オーバーヒートを発生させてしまった場合では、速やかに安全な場所に停車させることが必要になり、エンジンは掛かった状態を維持した上で、ヒーターなどを最大限に活かして高温にて温風を排出する方法が用意されています。次第に水温計が下がった場合では、お近くの修理工場などに点検を依頼することも良い手段になります。

Filed under: 未分類 — すば 4:47 PM