スパークプラグについて

自動車のエンジン周りに必要とされているパーツ類の中には、プラグというものが用意されているのですが、一般的には気筒数に合わせた数のプラグがエンジンに取り付けられていることになります。プラグに関してはエンジン始動時に必要とされているパーツとしても知られていますが、走行中であっても稼動しているものになるために、常にメンテナンスを行って正常に点火することができるように配慮することが求められているものになります。具体的には4気筒のエンジンの場合では4つのプラグが設定されていることになりますが、この内1つのプラグが不具合を起こしてしまった場合では、3気筒分のパワーで走行することになるために、通常では直ぐにエンジンの出力の低下を実感できることになります。一般的に用いられているプラグの中には、スパークプラグと呼ばれるものも存在しています。このタイプも使い方は全く同じものとされているのですが、性能に違いが出ることになります。火花を飛び散らせる効果を持っていることになるために、エンジンの始動が良好になる部分と、走行中の出力に関しても最大限に活かすことのできるモデルも存在しています。自動車の整備などを行う際にはチェックをすることがおすすめになるパーツとしても知られています。

Filed under: 未分類 — すば 11:21 AM